Curriculum

カリキュラム

カリキュラムの特徴Featurea

  • もっとうまく踊れるようになりたい…
  • 生徒を上達させたい…
  • ダンス教室を開設したい…
  • 将来は海外で踊りたい…
多様なニーズに応えたカリキュラム
DSAは、身体の構造や身体作りをはじめとするダンス医学、ダンスバイオメカニクスなどを学ぶ「科学領域」、ダンス史や舞踊音楽などに関する「文化領域」、教授法やコーチングなどに関する「指導領域」全3領域からなる豊富な科目で、受講生の学びをサポートしています。
「頭でわかる」だけでなく「現場で使える」能力を身につける
知識を得るだけなら、本を読むだけで十分です。DSAでは、知識をレッスンや舞台で使えるスキルとして身につけることを目指します。難しい理論をわかりやすく、ダンサーや指導者の知りたいポイントに焦点を合わせた講義。常に現場を意識した実践参加型講習会です。
専門家として活躍する講師陣
DSAの教壇に立つのは、専門領域の知識を持ち合わせているだけでなく、実務経験をもち第一線で活躍するプロフェッショナルばかり。専門分野に関する深い知見を持ち、自ら理論を実践する講師陣が毎回真剣勝負で講義にのぞんでいます。

科目紹介Subject

文化領域

ダンスを深く理解し、表現や創造の幅を広げるために、誕生の歴史や使用楽曲などについて学ぶ領域です。