Curriculum

カリキュラム

新体操特別講習会

新体操特別講習会

怪我をしないために、パフォーマンスを高めるために
知っておきたい身体の知識とトレーニング&レッスン

新体操選手は、怪我をせずに、常に質の高い練習を行うだけでなく、大会では最高のパフォーマンスを行うことが求められています。本講習会は、「安全性とパフォーマンスの向上を両立したい!」と願うコーチや選手を対象として、最新の新体操選手育成法をご紹介します。

新体操のためのダンス解剖学

講座1【バランスのダンス解剖学】
脊柱は、しなやかな動きやテクニックの源です。新体操で求められる開脚度や複雑なテクニック、そしてバランスのために、脊柱の解剖学的知識や引き上げ姿勢を作る実践トレーニングを行います。

講座2【ターンアウトのダンス解剖学】
股関節、膝、足部は、新体操選手にとって傷害を起こしやすい部位です。ターンアウトの仕組みから、下肢のダイナミックな動きを生み出すトレーニングまで、解剖学をふまえた実践トレーニングを行います。

発育発達

前半では、「身体の発育発達」を取り上げます。骨格や筋、脳・神経からみた発育のパターンから年齢に応じた指導方針をはじめ、子どもの動作習得について学び、安全かつ適切な指導を考えます。

後半では、「心の発育発達」を取り上げます。
心の発達を段階的に学び、年齢に応じた指導や留意点について考えます。

コンディショニング

講座1【新体操の柔軟性トレーニング&質疑応答】
新体操選手に求められる関節可動域。選手の身体を的確に評価し、段階的に柔軟性を高めるトレーニング法をご紹介します。

講座2【新体操トレーニング前後のケア&質疑応答】
傷害予防や、パフォーマンスの向上を目的として、練習前や練習後に行うべきコンディショニングメニューをご紹介します。

新体操のためのバレエ/コンテンポラリーダンスレッスン

新体操に求められている動きの軽やかさ、正確性、再現性を実践レッスンによって高めます。
年齢と段階に合わせたダンスの基礎としてクラシックバレエとコンテンポラリーダンスを取り上げ、あらゆる表現に対応できる選手育成レッスンをご紹介します。レッスンの最後には、質疑応答を行います。